おつきさまグッドラック

ひとり娘(1才)の育休中アラサー。好きな言葉は行雲流水。日々の中でみつけたワクワクすること、おいしいもの、思うことを発信します。シンプル&簡単に。見てくれた誰かに「ラッキー」をお届けすることを目指す雑記ブログです。(主に育児/食べ物/雑貨/所感ネタ)

糖質オフなのに絶対満足できるスナック!【ナチュラルローソン 堅焼きおっとっと】

どうも。万年ダイエッターのchumeです。

美味しいものは脂と糖でできている、とは本当によく言ったもので。

ここ数年話題ですよね「糖質ダイエット」。ずっと目を背けてきた私ですが、たまたまつけたTV番組で「糖質ダイエット」の企画がやっており、何やらわかりやすく説明していたのでちょっとやる気になり「糖質」についてちゃんと考えてみたんです。

そしたら「私糖質でできてるよね・・」って思うくらい糖質の高いものばかり食べていたことに気づき。(白米とパンとポテト大好き)

逆に言えば「これ、ちょっと糖質減らしたら少しは痩せるんじゃない?」という、アホポジティブ思考に至ったというわけで・・ゆるい糖質ダイエット(気を付けてるだけ)中なのです。

ちなみに私は「ボリュームがあって」「ジャンキー」なものが大好き。(典型的なやつです)友人同士でご飯を食べに行くと、ちょっと高くても美味しそうなやつ(=カロリーもあるやつ)にしちゃうし、気を付けてるので食べないようにはしていますが本気で好きなお菓子はプリングルスやチップスター。それとチョコ系(しみチョココーンや普通に板チョコも好きだしカントリーマアムも大好き)を交互に食べるのが至福・・というタイプです。

なので、いくら糖質低くてもパッサパサのカスカスのお菓子じゃ絶対満足できないタチ!あとは美味しくても小さな袋の食べきりサイズとかのお菓子じゃ「え、一瞬でなくなったよねこれ」となり最低でも3袋は食べたいと思うタイプ!

・・まったく胸を張れることではないのですが、そんな私ですら満足できた低糖質のお菓子ということで、太鼓判を押してご紹介いたします!

そもそも糖質オフって何で痩せるの?

私が買った管理栄養士の麻生れいみさんが書いている「20kgやせた!10分ごはん」によると、こんな図式のようです。

▼前提

「糖質」はすぐに脂肪に変わる→なので「糖質」を減らして体内の脂肪を燃やす(=痩せる)

▼糖質が少ない食事

→体内の糖が足りなくなる→グルカゴンが分泌されてケトン体が作られる→やせる

▼糖質が多い食事

→血中に糖が増え血糖値が上昇→インスリンが分泌される→太る

f:id:chume619:20181211154050j:plain

この中でも簡単なレシピしか作ってませんが、いくつか大ヒットのレシピあり(今度ご紹介します)

どのくらい糖質を制限すればいいの?

 糖質量の目安はだいたい以下となっていました。

▼糖質オフダイエット中(厳しめ

→1日60g(一食20g)

▼ゆるい糖質オフ~維持期間

 →1日70g~130g(一食20~40g)

 

数値だけ見てもピンとこないと思いますが、大体ごはん茶碗一膳(150g)で糖質量「55.2g」もあります。反面、太るイメージの強いマヨネーズは大さじ1(15g)で糖質量は「0.7g」しかありません

そう思うと、意識して食べるものを変えていけば大幅な糖質オフは意外と簡単にできそうですよね。

でもやっぱりしょっぱいお菓子が食べたい!

はい、私はそのタイプです。いくらマヨネーズが糖質低いといっても「今食べたいのはお菓子なんだー!しょっぱいやつね!」って時、ありますよね・・?

しかし、しょっぱいお菓子といえば大体「じゃがいも」「米」といった二大巨頭(糖質多い)でできている現実。そんな私は「糖質低い お菓子」等で検索し、「ローソン(ナチュラルローソン)」には糖質オフ(ロカボ=低糖質)のお菓子が多くあるということを知ったのです。

ナチュラルローソンのロカボ商品をいくつか買ってみた

たくさんあるロカボ商品の中で私が選んだのは「食べごたえがありそうなスナック系」です。

今回選んだのは3品。本記事の主役である「堅焼きおっとっと」と、「パリパリ食感の枝豆チップス」と「海道産チーズを使ったこんがりラスク」!

f:id:chume619:20181211154106j:plain

割とずっしりしています

f:id:chume619:20181211154123j:plain

やや小さめだけど美味しそうだったので買ってみました


▼堅焼きおっとっと〈オーツブラン〉

1袋(35g当り)148kcal 148円(税込) 糖質9.3g

▼パリパリ食感の枝豆チップス

156kcal 148円(税込) 糖質9.5g

▼北海道産チーズを使ったこんがりラスク

1袋(30g)当り160kcal 148円(税込) 糖質5.3g

どれも糖質低く優秀!

一般的なスナックと比較

食べる前に、私が大好きなスナック達と糖質の違いを比較してみようと思います。

▼おっとっと 1袋(26g)

→ 糖質(炭水化物)19.6g

▼チップスターうすしお 小さい方1缶(50g)
→糖質(炭水化物)27.4g

▼プリングルスサワークリーム 小さい方1缶(53g)
→糖質(炭水化物):30.7g

 

こうやって見ると、やはり美味しいものは糖質が高いことがわかりますよね。

9gと20gなんて意外と小さな差だよね?と感じる気もしますが、先程の「ご飯一膳で糖質55g」の例しかり、糖質は食べものによってはすぐに1日の上限を超えてしまうので、間食の糖質は少ないに越したことはないですよね。

実際に食べてみた

では、実際に食べてみます。

▼枝豆スナック

パリパリのおせんべいとクラッカーの中間といった食感で、枝豆の風味が広がります。塩っ気も程よく、なかなか美味しい。私の中では可もなく不可もなくな印象。

f:id:chume619:20181211154116j:plain

枝豆スナックは少なく見えるけど意外と量多いです


▼堅焼きおっとっと
普通のおっとっとより分厚く、味が濃い!パウダー?のようなものがザラザラしているのを感じられるくらい味が濃いのが良い!ジャンキーはこのくらいの塩っ気がないと満足できないんですよね。(何の自慢にもならないけど)

食べ応えも十分。バクバク食べていてもすぐなくなる感じもありません。食べ終えた頃には「もう十分堪能したわこの味・・」と思えるくらい一袋で満足できます。

よくあるヘルシースナックは何だかんだ言ってもやっぱり味が薄くて量も少ないことがほとんどだと思いますが、これは珍しく満足。ポテチ大好きな私の中でも合格点!なレベルのお菓子でした。 

f:id:chume619:20181211154119j:plain

量も塩気も味もばっちり!

 ▼チーズを使ったこんがりラスク

まろやかなチーズ風味のサクサクしたラスク!です。チーズの風味がはっきりしていて好きな人は好きな味。一口サイズなので、まぁ一回に食べる量としてはこれくらいでいいかな・・いやもうちょっと食べたいな・・といったくらいの食べ応えです。(個人差あるけど)これも枝豆スナック同様可もなく不可もなく、な印象かな。でもラスクが食べたい時や紅茶のお茶うけとかには良いかも!

f:id:chume619:20181211154126j:plain

一口サイズが13枚くらい入っています

 

ということで、私はダントツで堅焼きおっとっとをおすすめしたいと思います。

f:id:chume619:20181211154112j:plain

買い置きしちゃうくらいお気に入り

最後に

世の中にはたくさん低糖質なスナックがあるので全部比較することは難しいですが、それらと比較しなくとも「普通のスナック」と比べた時に、食べ応えや満足感が劣らなければそれが一番いいですよね。

そういう目線で見た時に、堅焼きおっとっと満足できるスナックとしておススメできる一品です!私の中では結構良い発見をした!感があります(笑)

ということで、罪悪感なくしょっぱいお菓子を食べたい時にぜひ!ぜひ・・お試しください!